毎週金曜日発の快速富士山号に乗ろう。
新宿駅までの道中で185系を観れたなんて縁起がいいぞ。
0826 (1)
0826 (2)
色々多忙な中、新宿駅にはぎりぎりに到着。
もう富士山号が来ていた。
0826 (3)
0826 (4)
空いている車内。
0826 (5)
内装デザインは古いが、更新工事でイイ感じになったな。
かつて中央東線で走っていた71系のイメージを踏襲し、スカ色的な水色を多く配色している。
0826 (9)
0826 (10)
東京区間の車窓はつまらんなあ。
0826 (6)
そんなこんなで大月駅に到着。
ここから富士急行線に入るが、吾輩は下車しよう。
0826 (11)
それにしても面白くて個性的な外色だな。
0826 (12)
特急マークが残されているってことは、特急運用もあるのだな。
0826 (13)
おお、伊豆急行線の河口湖駅へ出発した。
0826 (15)
冨士急行線を写そう。
これは5000系だ。昭和50年導入だから5000系。
全体的に国鉄っぽいが、あえてコストのかかるパノラミックウィンドウにしないところが良い。
0826 (16)
前に大月駅に来たとき、乗り換え改札が無かった。
中央線ホームから富士急線に自由に行き来できたんだぞ。
富士急の若い駅員さんに訪ねてみたら、『改札口は前からありますよ』とのこと。
当たり前である、もう40年も前の話だから、駅員さんがこの世に現れる前だよね。
0826 (17)
こっちは京王帝都からやって来たやつ。
むかし下高井戸駅にて、これの吊り掛け車を観たことがあるぞ。
凄い重低音で加速して行く姿に圧倒された。
0826 (19)
元国鉄205系初期型だ。
国鉄型と言えば、40年前ここに居た元国電クモハ14の記憶が色濃く残っている。
時間が無くて車内に入っただけだが、クロスシートに感動した。
当時の写真は無い。
それは、電車の正面に富士急ランドのデッカイ広告が貼り付けられていたから。
遊園地の宣伝効果はあるだろうが、撮るのはフイルムがもったいないと感じたのだよ。
0826 (21)
さて、その後に塩山駅まで行き、大月に戻って食事をした。
さあ、帰路へ。
0826 (20)
帰りも快速富士山号。
0826 (23)
空いているのは平日だからか。
まあ夏休みなら子供を連れて出かけるのに良いな。
でも、それらしき客層は少数だし吾輩の様なマニアも少々だ。
周知されていないのだろうか?
もったいないな。
0826 (24)
空いているから一人宴をしよう。
おおお、値札が『117』円だぞ! 117系を想う良い数字だな。
大月のスーパーでそれを知って購入したんだけどね。
0826 (25)
0826 (26)
新宿駅に着いちゃった。
0826 (27)
この後は185系の湘南ライナーに乗る予定なのだが、時間が空くので一人カラオケをする。
今日のラインナップだ。
下2つのFOXESはU.K.今時のカワイ子ちゃんなんだ。
0826 (28)
カラオケの〆はこれだね。
本人映像だし。
0826 (29)
カラオケで一人盛り上がってしまい、湘南ライナーの東京駅乗車が間に合わなくなった。
仕方なくフリー乗車区間の藤沢駅まで行く。
80系売店は今日も元気だ。大船駅辺りに70系売店も欲しいね。
0826 (30)
湘南ライナー1号がやって来た。
0826 (31)
0826 (32)
もう小田原駅に着いちゃったよ。
0826 (33)
帰路はつまんねええ233系に乗るしかないが、窓から185系を撮影できるんだな。
0826 (34)
ああ、楽しかった。
運賃総額6000円超えを18切符2370円で済ませたよ。