なんたって117

国鉄最高傑作の一つ117系。 弟185系と共に記録を後世に伝えようではないか。

Juli 2015

この国鉄キハ40は良い車両だね。
シートピッチは117系よりも狭いが、ローカル線の近代化に大きく貢献した。
20150726_101724
角にRがあるが正面は平面である。これでコストが削減出来た。
20150726_101819
既にJR西日本得意の更新工事が行われ、見事な仕上がりと言えよう。

大好きな117系と同世代になる115系。
これは個人的に好かないねえ。
ここ上越線では、新潟色70系を追い出した悪役なのだよ。
・・・悪役と呼ぶのは、あくまでも吾輩個人の意見だぞ。
信越線 (1)
岡山地区の80系のことだって追い出したし。
シートは狭いし、よく揺れるし、ブレーキのショックはキツイし。 
・・・この評価もあくまでも吾輩個人の意見だぞ。
信越線 (2)

117系がいない地域なら、他に楽しみを見つけよう。
今年注目の北陸、富山県で日本海を見たよ。
横浜港や湘南海岸もいいが、また違った趣があるのう。 
糸魚川 (2)
高岡駅で赤春18の3回目を刻印。
20150727_142822-1-1-1-1-1-1
さて、北陸の地元料理を求めていたがなかなか見つからない。
諦めかけていた時、高岡駅で地元お好み焼きのイベントを発見した。

高岡流 お好み焼き ととまるグランプリ2015
20150726_102502
20150726_102610
20150726_102531
オーソドックスなととまる。
20150726_104653
この店は、ととまるをうどんの具にしている。
20150726_104025
まあ美味しかったから来年も来よう。
そして、出店している全店のととまるを食べるぞ。

Screenshot_2015-07-25-09-10-24
直江津発下りの超快速は、夕方のダイヤに設定される。
おお、ゆめぞら仕様の超快速だな。
ゆめぞら仕様とは、天井に何か楽しいものが投影されるらしいよ。
20150725_175151
ゆめぞら専用座席。
シアター座席ってところだな。
ゆめぞら超快速 (2)
 

遂に来たぞ!ほくほく線『快速』。
1
北陸新幹線開業で特急列車を失ってしまい、ローカル線に成り下がったほくほく線。社運をかけて登場させた切り札がこの『快速』なのだ。
表定速度はあの『新快速』を超えると言う。
特別料金不要とは117系『新快速』と同じだ。
4
しかし、まさか"超"を付けるとはね。もはや『快速』を超える列車は無いわけだ。
2
快速』の性能を体感するのは、六日町を通過後である。単線なのに速い速い!
その手前の区間は、JR 乗り入れ区間故に遅い!遅い!
越後湯沢駅からたったの50分台で直江津駅に到着。
20150725_101803
この日はアキバ駅の始発に乗ったから眠かった。
だが、『快速』の超スピードで眠気はスッ飛んだよ。
20150725_051440-1
20150725_044743
 


税込117円。
20150701_125011

いやあ、のんびり出来たよ。
余は満足じゃ。
20150701_085109

18切符の1日目だ。今回の使用開始刻印もシリーズものにしたいと考えている。
20150721_162336
千葉県のいすみ鉄道が熱い。
まずは21世紀デザインの気動車300系。
20150721_125923 - コピー
シートは固定式だがゆったりしていて豪華。木目調内装板が117系を思わす。
20150721_123750
トイレもあるなんて。長距離列車にも対応。
20150721_123608
でも、外観では以下の350系に負ける。
なんたって国鉄顔なのだぞー!
窓も昭和らしい個別サッシ仕様になる。2015-07-21-13-05-12
さて、国鉄外房線に移り飯にしようではないか。JR東海ツアーズでもらった手拭が役に立った。
20150721_105734-1
20150721_105838-1~2
 

山口地区の117系は新幹線との荒々しいデットヒートを演じる。だから顔つきも凛々しさを保っているのだ。
参照 http://117.blog.jp/archives/39673270.html
だが、超高速性能を有する117系と言えども、和歌山線ではノンビリ走る。
K0090022
 
本当なら超高速性能でぶっ飛ばしたいだろうに。それでも不平不満も言わずに、涼しい顔でいるとは周りの者達への気遣いか。
健気と言うか日本人の美徳であるな。 

王寺駅の和歌山線・万葉まほろば線の時刻表が見えるね。
ただでさえ少ないダイヤだから、117系に乗れるチャンスと言ったら・・・
やはり117系は1M式単行車両への改造が必要か?
20150701_085235
 

神奈川県からだったら、ピーチアビエーションで関空経由で行くのだ。
ピーチならはアルコールの持ち込みが出来るもんね。ジェットスターは持ち込み禁止だよ。
20150701_192600
安いから狭いのう。
20150701_185123
この便は関空に1時間以上遅れてしまった。
ピーチの機内アナウンスは最後に『ほんまにおおきに』と言ってくれるが、この日は割愛された。
遅れたからか?
だったら『えらいすんまへん』と変えてくれたら良かったのに。

★天下の御意見番
『えらいすんまへん』などと言ったら、文化の違う東京人に対して火に油を注ぐことになるだろう! 

小田急には117系がいない。
あたりまえだ。
ならば速そうな名前の『快速急行』に乗ってみるか。
20150613_124047
運転席は一見一枚窓に見えるが貫通路を持った構造だ。
新時代の'80年代デビューだけあって、ハイセンスなデザインだな。
20150613_124117

でも通勤用8000系故に、椅子がロングシートなんだな。
20150613_123817
クロスシートを求めるなら、7000系ロマンスカーLSEがよろしいな。国鉄のグリーン車並みのシートを備える。
でも特急料金が必要。
2015-06-13-12-56-24
これら二つの電車はほぼ同時期に登場している。両車を統合したら117系の様になるのにな。

国鉄民営化後に登場した新湘南色。この色を初めて見たとき、185系はJR東海の所有になったのかと思った。
どうも好きになれない。
湘南ライナー (3)
だが、今またオリジナル斜め線が復活増殖している。
20150613_143710
今後は新湘南色が少数派となるのだ。
湘南ライナー (2)


ドアコックを開けて…
20150707_181607
さあ乗り込もう。
0752ec8a


湘南ライナー (4)
缶のデザインが夏っぽいだけか?
味は特別印象には残らないな。
20150707_182550

和歌山駅ではこんな具合。
空いてていいな。
20150701_060358
20150701_085051

和歌山で宿泊すると、早朝の中距離列車に乗れるよ。和歌山線を唯一全線走破する長時間のダイヤさ。
20150701_060413
和歌山駅を6:10に出て、終点王寺駅には8:50に到着する。
これから2時間40分もの旅が始まる。ワクワクするな。
20150701_060546
ただし和歌山線では、高速117系と言えどもぶっ飛ばす事はない。
途中からは学生さんの通学利用にも対応する。
20150701_074848

デッキとの仕切り壁にある。
185IN185

和歌山線の吉野口駅へ行くと、近鉄電車に会える。
20150701_075522
117系同様に高級普通列車だ。
20150701_075422

和歌山線の117系に乗ったら途中2度117系とすれ違った。
朝の117系運用は、どうやら3編成なんだな。
早朝の列車ゆえ、前席の人は寝てしまっている。
和歌山117 (1)
快適な117系だからよく眠れるけども、寝過ごさぬ様に気をつけてな。
和歌山117 (2)

ガード下185 (1)

この間の日記で品川駅新幹線連絡通路において、何かしらの動きがあった事を書いた。

天井に水銀灯が設置されるかと注視していたが、結局は期待を裏切られたよ。
今回の工事は単に天井板を外しただけだった。
下の写真奥には水銀灯が設置されているが、これはJR 東日本の在来線部分。新幹線連絡通路とは照度の違いがハッキリと解るねえ。
品川通路
ここからの考察は、吾輩の想像であるから鵜呑みにしないように。
JR東日本にとってJR 東海の新幹線は、ルート上ライバルでも何でもない。以下写真は185系車内から東海道新幹線を撮影したものである。お互い並走しているが目的地は別。
20150707_184909
故に品川駅の利便性を向上すれば、同駅迄の利用も増えるはずだ。
兄弟喧嘩をしてもいいが、利用者の見えない所でやってみたらどうかね。
不仲の根本原因がJR 東海にあるにしても、JR 東日本はいつまでも根に持つのはいかがなものか。
本当に根に持っているとなると、JR 東日本は『女の腐ったようなやつ』注釈1と言われてしまうぞ。
念を押すが、JR 東日本についての考察は、あくまでも吾輩の想像である。
事実が吾輩の想像通りであるならば、今後JR 東海が新幹線の来ない横浜駅にも直系旅行会社を進出さするかもしれないぞ。

注釈1 『女の腐ったようなやつ』とは、決して女を罵倒する表現ではないんだよ。






7/1は凄い暴風雨だった。
117系からの車窓も雨ばかりで冴えない。
20150701_060456
和歌山線や阪和線では運行停止が相次いだよ。
20150701_103226
新今宮駅付近のこのビルは阿倍野ハルカスか?
最上階が雲に届いているな。
20150701_111509
でも南海電車は強かった。
雨の中、ステンレスの強みを活かして振り替え輸送を担っていた。
20150701_164655
おおう、南海電車らしい復刻色だ。
南海ホークスのユニホームも緑だったな。
20150701_165755

CD 一枚目は曲に加えてビデオも収録されている。だが、ドイツ規格なのとで日本では観ることが出来ない。
海外て普及しているCDV 形式なのかなあ。
juli (3)
もしも日本でレコードデビューさせるなら、ジャケットの写真は代えた方が良いだろう。

もう7月か。
ドイツ語では7月をjuli(ゆり)と書く。
そしてドイツには、juli (ゆり)を名乗る音楽グループがいるんだ。
よし、今日の湘南ライナー車中で曲を聴こう。
juli (1)
CD は日本では手に入らないから、ドイツから取り寄せねばならない。
juli (2)


221系へも受け継がれた。
20150701_085142

和歌山駅からの運用に就いた117系。
20150701_085153

和歌山の人気者は117系であるが、少し出前に目を向けるとこんな電車が大人気なのだ。
吾輩が秘かに気に入っている南海電鉄のラピートさ。
南海難波駅で出発前の様子。
20150701_164601
LCCのピーチアビエーションコラボだな。
20150701_165640

20150701_085318

吾輩が予想した通り、7/1の和歌山は雨降りだった。
まあ、天気予報というよりも雨降り予報だね。
せっかく上空から117系を撮影したのに上手く撮れんな。
20150701_052711

リゾート21より。
20150613_140728~2
8000系より。
20150613_150709
 

↑このページのトップヘ