なんたって117

国鉄最高傑作の一つ117系。 弟185系と共に記録を後世に伝えようではないか。

März 2014

背後や手前の木にみかんでもなっていたら、185系の色合いに馴染んだであろう。
もっとも吾輩の家にはみかんの木があるのだが、185系は来てくれないけどね。
世の中上手くいかないのだ。
260329 (20)

やっぱり『あまぎ』色は良いものだ。
260329 (5)

気の利いた駅弁がなく、コンビニでもこれしか残っていなかった。
良く言えばヘルシーだが、大食いの吾輩にはさびしい昼食だのう。
8699dd1e

伊東駅に横浜線の電車が来ている。
陽気が良いので遊びに来ているのかなあ?
260329 (4)
これではまるで横浜駅の様だ。
260329 (12)

上から117系。
H2603-117停車中 (9)

下から117系。
117 (11)



ズームではこれが限界。
週末も踊り子として運転してくれそうだ。
いっそのことあまぎ号を名乗ってみては?
DSCN0772

♪永谷園のミルクセーキ
イチゴ、バナナ、ココア・・・
君はどの味が好きかな?

っていう高見山が出演していたCMを思い出した。

g

この色も外せないよ。
オリジナル
橋げたまでゼブラ柄だ。 
オリジナル2

何気に157系に似ているのだよ。
伊豆にはこの色が一番似合うね。
あまぎ色
 

普段は湘南地区では見るチャンスが皆無である。
北関東色2
 なかなか良い色彩であるぞ。
北関東色
 

伊豆急行線内でも特急料金を徴収される。
現行色4

山間もグングン進む185系。
現行色2

そうだよこういう存在をチャーミングと言うのだよ。
登場以来すっかり魅了されてしまう存在の117系。
特急こだま号の151系も見事ではあるが、特別料金もいらぬとは国鉄作品の最高峰と任命しよう。
H2603-117走行中 (2)


内装の化粧版かな。
擬似117系はシンプルなアーバン調。
H2603-115系3000 (17)
117系は木目調。
H2603-117車内 (5)

まあ、似て非なるものと言ったら悪口になる。
117系と同じく2扉で立派なクロスシートであるから許そう。
H2603-115系3000 (14)

編成によっては、中間に本物の117系を組み込んでいる場合もある。
H2603-115系3000 (13)

18切符で伊豆箱根鉄道へ向かったが、大風のせいで途中何度も低速運転になる。
まるで総武本線のような速度と言えばよく分かるかな。
さて、今日の踊り子号はオリジナルだ。
DSCN0723
今日は大場駅で降りて早めに帰路につく。
DSCN0726
ところがどっこい
大風は根府川鉄橋の通行を阻止する!
結局熱海-小田原間は不通となり、タクシーに乗って切り抜けたのであった。
18切符にタクシーという全く想定しなかった組み合わせも楽しいもんだ。

下関-門司間を何往復かし、走行中の車内から福知山色を狙った。
止まっている場所が悪く、カッコいい顔が写らんなあ。
H2603-117福知山色 (3)

JR九州の415系から見えたが・・・
H2603-117福知山色 (4)


原色の2編成が並んだ。
H2603-117並び (1)

青空の下を駆け抜ける117系は、なんて爽やかなんだ。
H2603-117走行中 (1)

今日はダイヤ改正日である。
JR東海から117系が去って早1年か。
117 (87)

正面を見なければOKか?

運転席の斜めカットが実に速そうだ。
P8080215

スッキリとしてしなやか。
P8080227
窓から見える木目調の化粧板が黄色に似合う。
P8080228
クロスシートに合わせた連続窓が美しい。
飾り窓を持った戦前の近鉄車の様だ。
P8080229
パンタグラフとのバランスも見事。
方向幕の黒色地も黄色に良く似合う。
P8080230

117系がいるし、ホームの雰囲気が大垣駅だよ。 JR東海の117系が懐かしいなあ。
H2603-117停車中 (13)


117系車内で食事もできる旅情気分。

昼近くになると、117系一本は昼寝するようだ。
H2603-117昼寝中
吾輩もこの時間に昼休みを取ることとしよう。
やっぱ西日本で麺類を食べるにはうどんに限るね。
DSCN0416

JR西日本で最南端の117系登場!!
H2603-117411並び (7)
国鉄型同士の並びだな。
JR西日本117系 :山陽本線の新山口-下関間を突っ走る。
JR九州415系    :下関-門司間のみ走る。JR九州唯一の直流区間なのかな?

3ドア化したN40工事でどうだ。
ついでにMC+TCの2両化もやろう。
晩年は塗装だけオリジナルに戻して大井川鉄道へ寄贈する。
53c6c4b0

JR西日本謹製のN40工事を実施すべし。 運転席のサッシもステンレス枠が似合う。
4ed1947f

これで車齢70年を超えるまで使用できる。
それはまるで琴電の様だ。

草津線から湖西線へ直通した朝の117系。

この後京都駅の寝床へ走って行った。

朝の労働ご苦労様。
また夕方からの仕事よろしくな。
DSCN0311 - コピー

東京駅から乗ろう。
背景ときっぷとではピントが合わんな。
01東京駅に入場
刻印してもらったぞ。
02東京駅で刻印
品川駅で降り、昼食をする。
9b6e8c7c
三島で伊豆箱根鉄道の切符を買い、到着した185系に乗車する。
雨降りだが、185系は『水も滴るいい男』というやつか。
IMG_20140305_134554
雨の平日であったが混んでいたな。
まずはサンガリアコーヒーでも飲もうではないか。
IMG_20140305_134909
185系もいい顔である。
497421ed
JR東海のキヨスク。
キヨ子さんとキヨ美さんが静岡土産を大宣伝。
92f1f4a8

さてさて、次の刻印が押されるのはいつどこでだろうか?
すでに自分の心の中では決まっておる。


やっぱペットボトルのお茶でしょう。
DSCN0288
外から見ても中から見てもお似合いだ。
DSCN0291

21世紀の飲み物にも似合ってしまう117系。

新快速時代を思い出すのう。
52c8a204-s

完成度の高い作品。
いい顔

何の画像なのかが判りにくいが、拡大してごらんなさい。
そこには2色の117系が写っているのだよ。
117系遠い並び

ドアを『ドバっと』開閉してスムーズな乗り降りを実現。
ドバっとゆったり (1)
窓に合わせた座席配置は『ゆったり』余裕を確保している。
ドバっとゆったり (2)



京都駅の利用者は117系崇拝者が多いそうだ。
この写真を見ても分かるように、ホームに立つ人々の大半が117系を眺めている。
へそ曲がりな人は117系に背を向けているぞ。
DSCN0195
★天下の御意見番
そんなあほな。 単に乗る電車を待っているだけでしょ!

↑このページのトップヘ